トップ記事

EUはより正確な食品の表示を計画
EUはより正確な食品の表示を計画

将来的に食品の誤解を招くような健康関連の広告はありませんブリュッセルの水曜日に、EU委員会は2012年12月以降も使用できる食品の222種類の健康関連情報を最初に含むリストを承認しました。将来的には、「免疫システムに良い」などの誤解を招く広告スローガンが食品パッケージから消えるはずです。

10代の妊娠を最小限に抑えるテレビ番組
10代の妊娠を最小限に抑えるテレビ番組

テレビ番組は10代の母親の日常生活を示しており、米国の10代の妊娠の減少の一因となっている可能性があります伴奏映画チーム。 2009年にアメリカでショーが始まって以来、多くの批判がありました。

医師会はPKVの「自己破壊」を見る
医師会はPKVの「自己破壊」を見る

医師会の副会長は私的健康保険(PKV)の「自己破壊」を見る保険料をさらに引き上げる必要がないようにするために、民間保険会社は増大するコストを制限するためにますます努力しています。

Hartz-IVの受信者は追加の寄付を支払う必要があります
Hartz-IVの受信者は追加の寄付を支払う必要があります

健康保険会社は確認します:Hartz IVの受給者は追加の寄付を支払う必要がありますALG IIの受給者は将来追加の寄付を支払う必要があります。定款を修正することにより、法定健康保険基金のHarzt-IV受給者は、将来、健康基金からの払い戻しと実際に自分のポケットから集められた追加拠出金との差額を支払うように義務付けることができます。

ASAによるがん予防についての疑問
ASAによるがん予防についての疑問

専門家はASAによる癌予防についての疑問を表明しています:医学界はASAアスピリン有効成分アセチルサリチル酸(ASS)による癌予防の疑いについて懐疑的です。専門誌「The Lancet」での英国の研究者による研究の現在の出版物アスピリンの有効成分であるアセチルサリチル酸(ASS)は、がんの予防効果に起因し、世界中の医療専門家の間で大きな反響を呼んでいます。

臓器提供:意思決定のための過半数
臓器提供:意思決定のための過半数

臓器提供:意思決定のためのドイツ人の大多数世論調査機関「Forsa」による調査でのドイツ人の41%は、臓器提供のためのいわゆる意思決定ソリューションを支持して話しました。このバリアントは、すべての人が生涯の個人的な寄付行動について尋ねられることを提供します。

温熱療法:癌に対する熱
温熱療法:癌に対する熱

サーモセラピー:がんに対する熱を利用して(2010.08.29)ベルリンでは、ナノテクノロジー企業「MagForce」の研究者が、将来的にがん治療に治療法を追加する手順を開発しました:&34;ナノ粒子によるサーモセラピー&34;。 「最高級の酸化鉄ダストが悪性腫瘍に注入され、交番磁場で加熱されます。

WHOは5%の砂糖を推奨しています
WHOは5%の砂糖を推奨しています

砂糖の消費に関する新しいWHOの勧告では、既製のスープ、ケチャップ、ペストリー、フルーツドリンクなど、どこにでも砂糖が潜んでいます。砂糖をできるだけ少なく食べようとする人でさえ、特に調理済みの食事では苦労します。砂糖は、消費者がほとんど疑わないであろう料理に潜んでいるからです。

糖尿病患者はサンダルを着用しないでください
糖尿病患者はサンダルを着用しないでください

「糖尿病性足症候群」はオープンシューズを着用しない方が良い夏の気温が高くても、神経障害により「糖尿病性足症候群」(DFS)に苦しむ糖尿病患者は、「ドイツ糖尿病救済」の勧告に従い、オープンシューズを着用しないでください摩耗-これらは怪我をより早く引き起こす可能性があるため、多くの場合、神経の損傷のために気づかれず、致命的な結果をもたらす可能性があります。

抗うつ薬による流産のリスク
抗うつ薬による流産のリスク

抗うつ薬を服用すると、妊娠中の女性の流産のリスクが高まります。 (2010年6月2日)抗うつ薬を服用している妊娠中の女性は、流産のリスクが高くなります。疫学者博士による研究に基づいています。 AnickBérardさんがこのつながりを発見しました。

頻繁な月経痛は子宮内膜症を示します
頻繁な月経痛は子宮内膜症を示します

月経:子宮内膜症を示す頻繁な月経痛女性がその期間中に頻繁な痛みを経験する場合、これは深刻な病気の兆候である可能性があります。影響を受けた人は、医師が原因を明らかにする必要があります。原因は子宮内膜症、不妊症の最も一般的な原因の1つである慢性疾患である可能性があります。

WHOはスーパーウイルスデータの公開を要求
WHOはスーパーウイルスデータの公開を要求

H5N1スーパーウイルスに関する研究結果の完全な公開が必要世界保健機関(WHO)が介入し、すべての研究結果を間もなく発表するよう求めました。