緩和医療:医師は死について決める



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

緩和医療:医師は死について決定します。

(2010.09.09)安楽死はドイツで物議を醸しているトピックであり、そこでは医師の基本的な態度と道徳的信念が衝突しています。ドイツ緩和医療学会のメンバーによるルール大学ボーフム(RUB)による匿名の調査では、緩和ケア医が症状緩和の一環として患者の以前の死亡を受け入れることが多いことが示されています。

緩和ケア医師は、患者さんの人生の終わりに同行し、多くの場合、最終的に生死を決定する根本的な倫理的決定を行わなければなりません。焦点は、患者の生存だけではなく、患者のニーズ、希望、目標、および一般的な状態を伴う生活の質も、決定を下すときに考慮に入れられなければなりません。診察の結果によると、主治医は患者さんの生活の質を少し改善するために、患者の寿命の短縮を受け入れていることがよくあります。しかしながら、患者がしばしばそれに応じて通知されなかったことが問題である可能性があります。

医学的調査に加えて、780人の死亡も評価されました。要約すると、患者の約4分の3(78%)が、人生の最後の段階で症状を緩和するための対策を講じ、影響を受けた患者の寿命を短くしたと言えます。症例の69%では、医療措置が医療側によって制限され、これにより患者の平均余命も短縮されました。調査の結果によると、10人の患者では、医師が故意に患者の死を引き起こしました。 47件のケースでは、医師は治療の結果として寿命が短くなる可能性があることを患者に通知しませんでしたが、決定の時点では自己決定でした。医師たちは、常に「患者の最善の利益」または「起こり得る損傷を回避する」ことを念頭に置いていることを強調しました。

RUBの医療倫理研究所のJan Schildmannの観点から見ると、「調査した医師の一部は、医療行為の結果として彼らの生命を予測するだけでなく、その寿命を縮めることを意図していることは驚くべきことです」。特に「死に瀕した医療の原則」におけるドイツ医師会の公式な立場から、これまでのところ患者の自殺に対する医療援助は断固として除外されてきた。ただし、現在の研究では、終末期の患者のケアにおいて別の態度がすでに見られることが明らかになっています。 「医療倫理に関する公式声明は明らかにドイツの多くの医師の道徳的評価や行動に対応していない」と研究リーダーのヨッヘン・フォルマンは説明する。終末期の医療行為に関する最新の倫理ガイドラインを使用する必要があります。」ドイツホスピッツ財団はまた、特別に訓練された緩和ケア医師でさえ、記載された形で患者の意思を無視することは「深刻な病気のすべての人にとって大きな危険」であるため、研究結果に基づく行動の緊急の必要性を認識しています。ホスピッツ財団の見解では、ドイツ緩和医療学会および連邦医師会は、医療専門家の倫理的および法的明確性を確保する必要があります。ホスピス財団の事務局長であるオイゲンブリッシュは、「重病(…)の自己決定権は尊重されるべきである」と強調した。

安楽死の主題は、「リビングウィルズ法」、安楽死に関する連邦司法裁判所の判例法、および公開された安楽死の事件に基づいて、最近激しく議論されています。しかし、連邦医師会はこれまでのところ、統一された新しい方針を達成できておらず、実際に治療している医師の3分の1から4分の1が特定の患者の自殺支援をサポートしている場合、以前の規定は適用されません。 (fp)

読み続けて:
安楽死は3人に1人の医師が考えられます
3人に1人の医師が安楽死を受け入れる
元司法上院議員クシュが安楽死e.V.を設立

画像:D. Braun / pixelio.de

著者および出典情報



ビデオ: ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと2019in福島 大腸がんってどんな病気大腸がん検診と内視鏡治療について 江尻 豊


前の記事

人間の尿から育った歯

次の記事

癌の6番目の症例:細菌は癌を引き起こす